自分の希望の住宅が一から手に入ります

注文住宅で家を建てるということは、家を建ててから

「ここをこうすればよかった」

などという後悔がなく、後からリフォームで改築したりする手間が省けるため、最初はコストがかかることもありますが、長い目で見ると、最初さえお金をかけてしまえば、あとは大事に家を使えば、長く安心して住み続けることができます。

間取りや内装はもちろん、コンセントの配置、数まで家を建てる前に計画を立てられるので、家を建ててから、コンセントをタコ足配線で延長コードだらけにしたりすることもなく、スッキリと過ごすことができます。

私は、注文住宅で家を建てる際に、工務店の方に、実際に家を建てた人のおうちを見せてもらい、そのお家が、コンセントを二口ではなく、三口にしているのを見ました。
確かに、今住んでいる家では、二口ではコンセントが足りずに、タコ足配線でコンセントの数を増やしています。

施工会社の人に、コンセント一つを増やすのに、数百円のプラスでできるということを教えてもらい、注文住宅で家を建てる際、コンセントのほとんどを三口にしてもらい、今は本当によかったと工務店の方に感謝しています。

 

PR: 住宅リフォーム総合情報,健康マニアによる無病ライフ,お家の見直ししま専科,生命保険の口コミ.COM,工務店向け集客ノウハウ,生命保険の選び方,SEOアクセスアップ相互リンク集